花粉症対策の実践・2009~2011年 - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    花粉症対策の実践・2009~2011年




    花粉症のシーズン以外は食べ過ぎても、何も症状がないので、
    ついつい食べ過ぎてしまいます。
    (以前と比べれば食べている量は少ないですが)

    2009年~2011年に行なってきたことをおおまかに紹介します。


    ■2009年
    2009年3月の花粉症シーズン、少し、鼻と目の症状が出てきました。
    普段の食べすぎの影響です。そこで、有料レポートの食事療法や、
    西式甲田療法の食事療法を何日か行いました。

    2009年から腸マヒの対策として、
    西式甲田療法で紹介されていたミルマグ(※緩下剤)の服用も始めました。
    西式甲田療法の運動療法、特に背腹運動を行うと、
    鼻と目の症状がおさまってくることも分かりました。

    これらの対策のお蔭で、症状はおさまったので、
    花粉症の薬もマスクもなしで、花粉症シーズンを過ごすことができました。

    ※緩下剤:ゆるやかに便通をつける下剤のこと。

    ※腸マヒ:腸の動きが鈍くなっている状態。腸マヒがある人が、少食にすると、
    便の出が悪くなってしまう。少食を続ければ、腸のマヒは改善される。
    改善されるまでは、緩下剤で便秘を防ぐ。私も腸マヒの状態になっていたようです。


    ■2010年
    2010年1月、寝不足がたたって、新型インフルエンザにかかり、
    何日か食事がとれませんでした。
    (以前より少ない睡眠時間で大丈夫になったので、
    ついつい1,2時まで夜更かししちゃっていました。)
    これがきっかけで、腸マヒが治ったようで、
    ミルマグを服用しなくても、毎朝、いい便が出るようになりました。

    2010年1月、体の歪みの矯正のため、
    西式甲田療法の運動療法の平床寝台(へいしょうしんだい)と硬枕(こうちん)を
    取り入れることにしました。平らなところで昼寝をして気持ちがよかったからです。
    私の場合は、まず第一段階として、布団とシーツの間にダンボールと毛布を敷き、
    バスタオルを巻いたものを首にあてて枕として、使うことにしました。

    2010年春の花粉症シーズンは、花粉の飛散量が少なかったこともあり、
    普段通りの生活で、花粉症の症状は出ませんでした。
    (もちろん、花粉症の薬もマスクも使いません)

    2010年6月、体の歪みの矯正のための西式甲田療法の運動療法の
    硬枕(こうちん)をさらに発展させて、バスタオルを巻いた枕から、
    カマボコ状の木枕に変更しました。

    2010年11月、体の歪みの矯正のための西式甲田療法の運動療法の
    平床寝台(へいしょうしんだい)の方法を、
    布団なしでムートンシーツのみを敷布団として使う方法に変更しました。




    ■2011年
    2011年春の花粉症シーズンは、花粉の飛散が増えてくると、鼻と目の症状が出てきました。
    そこで、有料レポートの食事療法や、西式甲田療法の食事療法、一日断食を行いました。
    腸壁の傷の修復効果を高めるため、普段は飲まないミルマグも服用しました。
    西式甲田療法の運動療法、特に背腹運動も行いました。

    これらの対策により、症状はほとんどおさまりました。

    2011年は、花粉の飛散量が非常に多かったこともあり、
    鼻もむずむずと、目のかゆみが少しあった日もありました。
    ついつい適正量より食べ過ぎてしまっていたからだと思われます。

    しかしながら、花粉症の薬もマスクも使わずに過ごせていましたし、
    症状も非常に軽いものでした。

    2011年5月、酵素美肌をいう本のプレゼントに当選したことがきっかけで
    酵素を飲み始めました。
    昼食前に果物、毎食生野菜を食べるようにしました。


    続きはこちら → 花粉症対策実践後に変わったこと
    関連記事
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。