花粉症のメカニズム - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    花粉症のメカニズム

    ■花粉症とアレルギーのメカニズムは同じ
    花粉症のメカニズムは
    アレルギーのメカニズムと同じです。
    アレルギーは、人間の体を守るための免疫反応のひとつとも言えます。
    免疫反応は、外敵と戦うための働きなのです。

    人間の体には、細菌やウィルスなどの外敵から体を守るしくみがあります。
    外敵が体内に侵入しようとすると、それらをやっつけるために、
    私たちの体はさまざまな防御反応を起こします。

    そして、外敵と戦った情報を細胞が記憶し、
    その外敵をやっつけるための「抗体」を作ります。

    次に同じ細菌やウィルスなどの外敵が入ってきた時には、
    体内に侵入しようとした外敵を排除する反応を起こします。

    例えば、異物を洗い流すために鼻水が出たり、
    異物を外に吹き飛ばすためにくしゃみが出たりします。

    これが免疫のしくみです。

    免疫の働き

    体に外敵(細菌やウィルスなど)が侵入
        ↓
    外敵(細菌やウィルスなど)と戦った情報を細胞が記憶
        ↓
    その外敵をやっつけるための「抗体」を作る
        ↓
    再度同じ外敵(細菌やウィルスなど)が入ってきたら、
    その外敵(細菌やウィルスなど)を排除する反応を起こす






    ■アレルギー反応は免疫の働きの暴走
    アレルギー反応はこの免疫の働きの暴走とも言えます。

    本来、体に有害の物に対してできる「抗体」が
    体に無害の物に対してもできてしまい、
    アレルギー反応が起こります。

    その結果、アレルギー症状(鼻水、くやみなど)が出ます。

    アレルギーの原因となる物質を
    アレルゲン(アレルギー抗原)と言います。
    花粉がアレルゲンとして発症するのが花粉症です。



    アレルギーでは「IgE」という抗体が作られます。
    花粉が次々と体の中に入ってくることにより、
    IgE抗体がどんどん作られます。

    作られたIgE抗体は、肥満細胞(マスト細胞)とくっつきます。
    IgE抗体と肥満細胞(マスト細胞)は非常に結合しやすい
    という特性があるからです。

    IgE抗体が一定量まで肥満細胞に結合した状態で、
    再び花粉が入ってくるとヒスタミン、ロイコトリエンなどの
    アレルギー症状の原因となる化学物質が放出され、
    アレルギー症状を引き起こします。


    このヒスタミン、ロイコトリエンが、
    くしゃみや鼻水、鼻づまり、
    目のかゆみ、なみだ目などを引き起こします。


    IgE抗体が一定量まで肥満細胞に結合した時
    感作が成立した」と言い、
    発症の準備が整ったことになります。

    感作が成立した後、再びアレルゲンが入ってくると
    アレルギー反応が引き起こされます。

    花粉症のメカニズム

    花粉を有害と誤認
        ↓
    「IgE」抗体がつくられる
        ↓
    花粉が次々と体の中に入ってくる
        ↓
    IgE抗体がどんどん作られる
        ↓
    IgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)とくっつく
        ↓
    IgE抗体が一定量まで肥満細胞に結合
    ・・・感作が成立した
        ↓
    再び花粉が入ってくる
        ↓
    ヒスタミン、ロイコトリエンなどが放出
        ↓
    アレルギー症状
    が起こる
    (くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、なみだ目など)


    どの程度までIgE抗体が蓄積されると発症するかなどは
    個人差が大きく、IgE抗体が多くても発症しない人もいます。

    花粉症は、IgE抗体の量の他にもさまざまな原因が
    からみ合って発症します。

    遺伝的な要因、大気汚染、住環境の変化、寄生虫感染の減少、
    食事内容の変化などさまざまな原因が指摘されていますが、
    花粉症発症の全貌は、はっきりとわからないのが実情です。




    続きはこちらをクリック
    アレルギーコップ





    関連記事
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。