腸をきれいにすると花粉症は劇的に改善する - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    腸をきれいにすると花粉症は劇的に改善する

    管理人の私は、腸をきれいにする健康法に
    2007年から取り組んできました。
    お陰さまで花粉症は劇的に改善しました。

    そこで、花粉症やアレルギーに悩んでいる方に
    私が学んだこと、分かったことを紹介します。


    まずは花粉症の復習をしましょう。


    ■花粉症とは

    花粉症は花粉に対するアレルギー反応です。
    アレルギー反応は免疫の働きの暴走とも言えます。
    つまり、免疫の働きを改善すれば、花粉症は改善します。

    花粉症のメカニズム

    花粉を有害と誤認
        ↓
    「IgE」抗体がつくられる
        ↓
    花粉が次々と体の中に入ってくる
        ↓
    IgE抗体がどんどん作られる
        ↓
    IgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)とくっつく
        ↓
    IgE抗体が一定量まで肥満細胞に結合
    ・・・感作が成立した
        ↓
    再び花粉が入ってくる
        ↓
    ヒスタミン、ロイコトリエンなどが放出
        ↓
    アレルギー症状
    が起こる
    (くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、なみだ目など)




    ここで花粉を有害を誤認しなければ「IgE」抗体がつくられないので、
    花粉症の症状は起きないわけです。
    腸は、人体最大の免疫器官なんです。
    腸に異常があると、全身の免疫に影響が出ます。

    腸を元気にすれば免疫を改善することができます。


    管理人の私が免疫を改善するために主に取り組んでいることは
    乱れた生活習慣の改善と腸をきれいにすることです。
    腸には免疫細胞全体のなんと約6割の免疫細胞が集中しています。

    免疫の働きの暴走の原因の一つは腸粘膜(腸壁)の傷です。

    野菜や肉などの食べ物を人間は毎日たくさん食べています。
    口から入ったタンパク質は噛むことで細かくされ唾液と混ざって胃に運ばれます。
    ほとんどのタンパク質は胃で分解されアミノ酸になります。
    しかし、一部は分解されず、未消化のタンパク質が腸に到達します。

    腸に傷がない状態では
    腸内の未消化のタンパク質は吸収されることなく排泄されます。
    (タンパク質が胃で消化されるとアミノ酸になります。
    本来はアミノ酸だけが腸で吸収されます。)

    腸粘膜に傷がある状態では、
    その傷から未消化のタンパク質が体内に吸収されてしまいます。


    すると、体は未消化のタンパク質を外敵とみなして、
    免疫が活性化し、「IgE」抗体がつくられます。


    私たちの体は、外部から自分の体以外の異種タンパクが侵入すると、
    それを排除して抗体をつくり、生体を守ろうとする働きがあるのです。

    次から次へと未消化のタンパク質が入ってくると
    腸の免疫系が暴走してしまうのです。
    そして、本来無害である花粉に対しても過剰に反応し
    皮膚表面でアレルギー反応を起こすのです。


    その結果、くしゃみが出る、鼻水が出る、目がかゆくなるといった症状が出ます。

    こうした症状を防ぐには、腸粘膜の傷を治すこと。
    腸粘膜の傷を治せば、アレルギーは改善します。





    ■腸粘膜(腸壁)が傷つく原因とは?

    なぜ、腸粘膜に傷が出来るのでしょうか。
    一番の原因は、食生活にあります。
    それは食べ過ぎです。

    「食べ過ぎ」こそ病気の最大原因と考えられます。


    え~っ?!
    私、そんなに食べてないよ~~

    って思われるかもしれません。


    でもね、私のヨガの先生が言っていました。
    ある生徒さんが
    「私、そんなに食べてないのに、太っちゃうんです。」
    「水を飲むだけで太っちゃうんです。」
    って言ってたんですって。

    そこで、先生はその生徒さんに言ったんです。
    「じゃあ、毎日、食べたものを全部、書き出してみて!」
    「写真に撮れたら、ベストだな~」


    実際に、食べているものを書き出してみたところ、
    あれも、これも、
    ちょこちょこつまんでいる食べ物がいっぱい!

    そんなに食べていないどころじゃなくて、
    結構食べていたんですって。



    さらにこんなデータもあります。

    現代栄養の考え方が一般に浸透してきたのは、
    昭和40年代からなんですが、
    ちょうどその頃から
    いろいろな生活習慣病(昔は成人病って言ってましたね)や
    アレルギー疾患が急増しています。

    カロリーや脂肪、タンパク質のとり過ぎと、
    こうした病気の急増には何か関係がある可能性があります。


    食べ過ぎか食べ過ぎじゃないかの判断は
    人間本来の消化能力にあった量を基準に考える必要が
    あるんです。



    人間本来の消化能力を超える量の食事をとると、
    胃の働きが悪くなり、未消化のタンパク質が増えます。
    胃腸が絶えず、働いている状態になり、胃腸が休む暇がなくなります。


    消化しきれない食べ物は腸に渋滞します。
    通常、食べ物を体温の37℃に放置したら、どうなるでしょうか。


    夏の暑い日に、クーラーのない部屋に食べ物を
    放置したことを想像してみてください。


    さて、食べ物はどうなりますか?


    そう、腐っちゃいます。

    お腹の中も、それを同じ状態になっているんです。

    お腹の中で、内容物が腐敗してしまうのです。
    腸管内に渋滞した排泄内容物が腐敗すると、毒素が発生し、腸を傷つけてしまいます。
    また、この毒素は腸管から吸収され、全身に回り、体中に悪影響を引き起こします。


    大切なのは「少食」

    特に肉の食べすぎは最悪です。
    肉類は腸の粘膜を傷つけやすいんです。


    いくらよい食品でも食べすぎは禁物です。


    さてさて、そうすると気になりますよね、
    私は食べ過ぎかしらって?


    そこで、過食を見きわめる方法を紹介します。

    過食を見きわめる方法
    起床時、両手をぐっと握りしめてみましょう。

    食べ過ぎている人は、
    力が入りにくかったり、手がむくんだりします。



    ぜひ、試してみてください。


    食べ過ぎになってしまった人は
    食事の量を減らすことをおすすめします。



    他にも、腸の傷を治すために
    私がやってきたことは色々あるんですが、
    いきなり紹介するとびっくりすることだらけだと
    思います。

    ちょと常識とはかけ離れていることが多いので。

    あ、でも、昔、天動説が当たり前だった頃、
    地球が回っているって言って、
    信用されなかったように
    今、常識って思われていることが
    必ずしも正しいとは限りませんので、
    自分なりに色々試してみるといいと思いますよ。
    (あ、この喩え、あっているかしら?)


    興味がある方はメインメニューから色々見てみてください。


    取り組みやすいのは
    よく噛む
    水の飲み方
    スイマグ
    あたりですかね。


    さて、次は
    管理人が最初に取り組む花粉症対策としていちおしの方法の紹介です。



    続きは▼こちら▼をクリック
    リノール酸低減式花粉症対策は怪しい?





    関連記事
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。