動物性食品を減らす - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    動物性食品を減らす

    ■動物性食品は腸を傷つける

    タンパク質のうちでも、動物性のものは腸を傷つけます。
    肉は腸内で腐りやすく、腸の粘膜を荒らしやすいので、量を少なくします。
    牛よりは豚、豚よりは鶏が、食べるよりは食べないほうがいいです。

    肉よりも魚の方がいいです。
    魚も大きいものより小さいもの、食べるより、食べないほうがいいです。






    ■植物性タンパク質をとろう
    タンパク質はなるべく植物性のものからとるようにします。
    植物性タンパク質は大豆や大豆製品でとるのがおすすめです。
    大豆を煮てもよいですし、納豆や、大豆以外の豆でとってもよいです。
    植物性タンパク源として、最適なものは豆腐です。


    必要なタンパク質の量
    現代栄養学がすすめている量の4分の3でじゅうぶんです。
    タンパク質は腸の中で合成されるので、一般に考えるほどとる必要はありません。


    管理人の体験談

    私は肉も食べますが、以前よりずっと少なくなりました。
    牛よりは豚、豚よりは鶏を食べるようにしています。
    特に牛肉は胃腸に負担がかかるようで、牛肉を食べ過ぎると、
    お腹がゆるくなってしまいます。

    カレーライスを作るときなどは、お肉を減らして、
    その分、大豆をいれたりしています。
    乾燥の大豆をお湯に30位つけてから、
    他の具材と一緒に圧力鍋で調理すると、短時間で簡単に調理できます。

    牛乳もあまり飲みません。牛乳の代わりに豆乳を飲んでいます。
    魚も以前に比べたら、少なめにしています。



    続きはこちら → 甘いものを減らす

    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。