油ものを減らす - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    油ものを減らす

    ■油ものは花粉症の大敵

    油に含まれているリノール酸、トランス脂肪酸が、特にアレルギー症状を悪化させます。
    花粉症の人には大敵です。
    油ものはなるべく少なく少なくしましょう。
    どうしても我慢出来ない方は、花粉症シーズンだけでも油ものは頑張って減らしましょう。

    油が多く含まれる食品はおいしく感じます。そのため、市販の食品は油を多く含みます。
    油物は極力避けましょう。





    ■どの油ならいい?

    油の中でも、マーガリン、ショートニングは特によくありません。
    マーガリン、ショートニングをやめるだけでも花粉症はいくらか改善されるでしょう。

    油なら、シソ油(エゴマ油)、亜麻仁油がおすすめです。
    ただし、シソ油(エゴマ油)、亜麻仁油は調理には向きません。
    調理にはオリーブ油がおすすめです。
    オリーブオイルには若干劣りますが、キャノーラ油(菜種油)もおすすめです。


    シソ油(エゴマ油)、亜麻仁油は、熱に弱く、酸化されやすい性質で、
    ドレッシングや料理の仕上げなどに向いています。



    ■市販の食品
    市販の食品は、リノール酸が多く含まれる油を使っていることが多いです。
    マヨネーズ、ドレッシング、油もの、揚げ物、ファーストフード、スナック菓子などなど
    知らず知らずのうちに多くのリノール酸を摂取してしまうことになります。
    市販のカレールーなどにも多くのリノール酸が含まれています。
    花粉症シーズンは特にリノール酸の摂取を減らすように頑張りましょう!!





    管理人の体験談


    シソ油(エゴマ油)、亜麻仁油は高価なので、私はまだ使ったことがありませんでした。
    しかし、最近色々勉強していて、シソ油(エゴマ油)、亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸が
    花粉症にいいと知ったので、花粉症シーズンはとることにしました。


    購入してみたのはこれです↓

    あぶらやマルタ えごま油(しそ油)
    送料がもったいないと思ったので、2本注文しちゃいました。


    初めてシソ油(エゴマ油)をいただいてみたのですが、さらっとしていてクセもありません。
    野菜にシソ油(エゴマ油)と自然塩をかけたり、スープに入れたりしました。
    とても美味しかったです。子供達も美味しいと気に入りました。
    高価ではありますが、サプリメントと考えたら、そう高価でもないですよね。

    面倒くさい時は、そのまま飲んだりしてます。
    そのままだと美味しくはありませんが、まあ飲めます。

    α-リノレン酸は、体内で作れない必須脂肪酸で、身体の中でEPA・DHAに変わります。
    これらの脂肪酸は、健康維持にも大切な役割を果たすと言われています。
    アトピーにもいいようです。

    また、油ものもなるべく減らすように心がけています。
    オリーブオイルも使っています。

    普段よく使っているのは、一番搾りキャノーラ油(菜種油)です。
    普通のキャノーラ油(菜種油)は、化学溶剤を使って抽出しています。
    一方、一番搾りキャノーラ油(菜種油)は、昔ながらの「圧搾」方式で作られています。
    化学溶剤を使った方法より、害がすくないのではと考えています。

    菜種油には、リノール酸の量が比較的少なめで、α-リノレン酸も若干含まれています。
    ただ、花粉症対策で考えると、加熱調理用の油としては、オリーブオイルに軍配があがります。
    しかしながら、料理への使いやすさ(風味)、価格を考え、
    我が家では一番搾りキャノーラ油(菜種油)を常用しています。

    もちろん、油の使いすぎには注意しています。
    油っこい食品はなるべく減らしていますし、
    揚げ物も揚げずに焼くなど、調理方法を工夫して、
    なるべく油を取り過ぎないようにしています。

    マーガリン、ショートニングは使っていません。

    花粉症シーズンは特に頑張ります。極力油ものを避けます。
    元々はポテトチップなどスナック菓子が好きだったんですが、減らしました。
    普段は時々食べますが、花粉症シーズンは極力我慢します。



    【追記2013.03.05】
    最近これ↓買いました。こちらもさらっとしていてクセがなくて良かったです。
    そして、安かったです。






    PR
    >わたしはこれで花粉症とさよならしました<
    リノール酸低減式花粉症対策




    続きはこちら
     → アルコールは控えめに アルコールを飲んだら生水を飲む

    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。