スイマグ(ミルマグ)で便通をよくする - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    スイマグ(ミルマグ)で便通をよくする

    ■スイマグ(ミルマグ)とは

    スイマグとは、「水酸化マグネシウム」の略称です。
    西式甲田療法で便通をよくするためにすすめれれている緩下剤です。
    緩下剤とは、ゆるやかに便通をつける下剤です。スイマグの主成分は水酸化マグネシウムです。




    ■なぜスイマグ(ミルマグ)を使うのか
    腸内で水分を蓄えて便通をよくするために使います。
    腸内で水分を蓄えて、便をやわらかくして、便の排泄をうながします。
    効き目がおだやかで、腹痛を起こすこともありません。

    他にもこんな効能があります。

    ・腸内の一酸化炭素の毒を消す
    ・宿便をほぐす
    ・腸内の傷を治す
    ・胃酸過多の緩和
    ・マグネシウムの補給

    ※潰瘍性大腸炎や肝臓病で血液中のマグネシウム濃度が上がる人はおやめください。

    引用元 : 『マンガでわかる「西式甲田療法」


    ■スイマグ(ミルマグ)の飲み方
    空腹時(起床時か就寝時、可能なら起床時の方がよい)に飲みます。
    初めは休日の前夜に最少量から試してみましょう。

    服用の際には、必ずコップ1~2杯の水とともに服用し、
    なるべく多くの水分を摂取すると効果的です。
    1日断食をする時は、起床時と就寝時の1日2回飲むのがよいそうです。

    スイマグと似た製品でミルマグがあります。ミルマグも効果はほぼ同じです。
    ただし、ミルマグは添加物が入っていて、濃度も薄いそうです。


    ■スイマグ(ミルマグ)服用の際の注意
    潰瘍性大腸炎や肝臓病の方は服用しないでください。また、腎不全患者の方は高マグネシウム血症を起こす恐れがあります。お医者さんに相談してください。薬の注意書きを確認してください。
    酸化マグネシウムの副作用として、高マグネシウム血症が報告されています。高マグネシウム血症の初期症状である悪心・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠等の症状が出たら、お医者さんを受診し、血清マグネシウム濃度を測定してもらうようにしましょう。


    管理人の体験談

    花粉症対策を始めた頃はスイマグ(ミルマグ)を使っていませんでした。
    腸の傷を治すには、便の排出が重要です。
    便の排出を助けるために、スイマグ(ミルマグ)の服用を始めました。
    ミルマグの方が置いているお店が多いので、私はミルマグを使っています。

    最初は液体タイプでしたが、
    途中からコストパフォーマンスのよいミルマグの錠剤タイプに変えました。
    錠剤タイプを服用するときは、口に含んでから、噛んたり、口の中でしばらく含んで溶かして、
    なるべく細かくして水で流し込んでいます。そのまま飲むより効き目がよいようです。

    腸マヒが治る前は毎日服用していました。
    ここ1,2年は、腸マヒ(※)が治ったので、普段は服用していませんでした。
    花粉症シーズンなど腸の大掃除が必要と感じた時のみ飲んでいました。
    旅行などに行って、便秘になってしまった時も飲んでいました。

    最近、あらためて、勉強する機会があり、緩下剤以外の効能がはたす役割が
    大きいということを知ったので、また、毎日、飲み始めました。
    サプリメントみたいに毎日飲むといいそうです。

    量は、体調と相談しながら、加減しています。スイマグ(ミルマグ)は「保水性」が
    あるので、十分水をとるようにしています。水が足らないと身体がカラカラに
    乾燥してしまう感覚があります。水分不足にならないように気をつけています。

    ミルマグの添加物についても、あらためて知ったので、買いだめしてあるミルマグが
    なくなったら、スイマグを試してみようと思っています。




    ※腸マヒ
    腸の動きが鈍くなっている状態。腸マヒがある人が、少食にすると、
    便の出が悪くなってしまう。少食を続ければ、腸のマヒは改善される。
    改善されるまでは、緩下剤で便秘を防ぐ。






    ここまでが、食事療法中級編です。
    中級編の次は、食事療法上級編です。
    次はこちら → 1日断食で宿便を排出、腸壁の傷を修復


    関連記事
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。