金魚運動で歪み(ゆがみ)を矯正し、腸の働きをよくする - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    金魚運動で歪み(ゆがみ)を矯正し、腸の働きをよくする

    ■金魚運動とは
    西式甲田療法の運動療法の1つです。
    金魚運動は、左右の背骨の歪み(ゆがみ)を矯正し、
    腸の働きをよくして、便通をうながす効果があります。





    ■金魚運動のやり方
    平らな床にあおむけに寝て、両手を頭の後ろで組みます。
    足先を揃えてのばし、足首を手前に起こします。
    (膝の後ろを伸ばす感じです。)
    金魚が泳ぐように、体を左右水平に「く」の字にくねらせます。
    (上半身と下半身を同時に右へ、上半身と下半身が同時に左へ、
    この動きを繰り返します。)
    朝と晩に1回ずつ、それぞれ1~2分行います。

    最初のうちは難しいので、「ひざ立て金魚」でもいいです。。


    ■ひざ立て金魚のやり方
    平らな床にあおむけに寝て、両手を頭の後ろで組みます。
    両ひざをつけたまま立てます(かかとがお尻に近づく形)。
    両ひざをつけたまま、右へゆっくりと倒し、床につけます。
    同様に、左へ倒します。
    左右各50回行います。



    管理人の体験談

    毎晩寝る前に、その日の体調によって、少しだけ行なっています。
    骨盤を正しい位置に正す気持ちでほんの少しです。やらない日もあります。
    変な姿勢を続けて、股関節に違和感を感じたときも行います。
    木枕(硬枕)の利用を始めた頃は、熱心に行なっていました。
    背骨の左右の歪み、骨盤の歪みに効果的だと感じています。

    子供たちがお腹が痛い時にはひざ立て金魚をしています。
    お腹が痛いときに効く気がします。



    続きはこちら → 毛管運動で血行を促進し、血液の流れをよくする
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。