花粉症対策の実践・2008年 - 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記

おすすめ記事

いいね!数が3000を超えました。ありがとうございますm(_ _)m
  • なぜ花粉症になるの?  
  • 他の記事のいいね!数も全記事一覧から見られます。

    花粉症は生活習慣病です(肥満も同じですよね)

    花粉症対策(ダイエット)
    いつ始めるの…? 今でしょ!!!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    タグキーワード
    • No Tag
    --.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

    花粉症対策の実践・2008年

    2008年に行なったことをおおまかに紹介します。




    ■最初の花粉症シーズン到来
    花粉症対策をはじめて、最初のスギ花粉症のシーズンを迎えました。
    2008年2月の花粉症シーズンに入っても飛散が少ないせいか
    最初は、花粉症の薬を使わずにほとんど症状なく過ごせていました。


    しかし、3月に入り、スギ花粉の飛散が多くなると、症状が出てきました。
    目のかゆみ、鼻のむずむずがひどくなり、鼻水も出てきました。

    そこで、有料レポートの実践をさらにすすめることにしました。
    花粉症の薬を使わずに過ごせていたので、以前からは大幅に改善しています。)


    ■有料レポートにしたがった食事療法の実践・さらなるステップへ
    腸の傷を治すために厳しい食事療法に挑戦しました。
    食事の量をさらに減らし、アクの強い食品を食べる生活を一週間続けました。
    (有料レポートのレベル4の内容)

    食事療法3日目には、花粉症の症状が軽減したかに思われました。
    しかし、昼食をとると、鼻のむずむずと目のかゆみが出てきて、体が重くなります
    食後1、2時間経つと、体がまた軽くなり、鼻と目の症状も治まってきます。

    夕食をとると、再び、鼻と目の症状が出てきて、体が重くなります。
    そして、食後1、2時間経つと、体が軽くなり、鼻と目の症状も治まってきます。

    入浴後も同様に症状が出てきますが、しばらくすると治まります。
    毎日、その繰り返しでした。


    ■有料レポートの参考文献も読んでみた

    食事療法の実践と合わせて、有料レポートの参考文献も読みました。
    まず、図書館で借りることができた、『朝食を抜いたらこうなった』甲田光雄著を読みました。
    「腸の傷の修復には、玄米クリームがよい」と書いてありました。

    そこで、玄米クリームを食べてみました。
    (玄米クリームは、有料レポートに紹介されていた玄米粥より水分が多い。)


    ■有料レポート作者に相談
    途中から、お腹の調子が悪くなり、便が何度も出て、ふらふらになってしまったので、
    有料レポートの作者に、メールを送り、アドバイスをいただきました。
    (有料レポートは無料メール相談サービス付きでした。)


    有料レポート作者のアドバイス

    食後や入浴後などに症状が出ることはよくあるように思います。
    血流が増し内臓が活発に動くためだと考えられます。
    朝にふらふらするのは急激に食事を減らしすぎた可能性があります。
    少しずつ減らしていって身体を慣らしていく必要があります。

    しばらくは朝食にバナナやリンゴを食べてもいいですし、野菜ジュースだけでも構いません。
    また、玄米クリームは水分が多く、米の絶対量が少なくなりがちなので、少し多めに食べてもいいかと思います。
    便がやわらかいのはここ数日だけであれば単なる体調不良だと思います。
    通常は少食で便秘がちになることはありますが、軟便にはなりにくいです。

    もし続くようであれば、水分に対して食物繊維が少ないのではないかと思います。
    ごはんに粉寒天を混ぜて炊いたり、きな粉・ココアを多めに食べてみてください。


    アドバイスにしたがい、朝は野菜ジュースを飲み、
    昼食、夕食の玄米クリームに粉寒天や、きなこを混ぜて、多めに食べてたり、
    すりりんごを食べていたら、お腹の調子は戻りました。
    花粉症の症状もほとんどおさまりました。

    このステップは、結構大変で、自分なりに色々調べながら、恐る恐る行なっていました。
    有料レポート作者に、相談することができたのは、心強かったです。

    こうして、2008年春の花粉症のシーズンも、2007年秋の花粉症シーズンに続き、
    花粉症の薬なしで過ごすことができました。



    ■西式甲田療法をとりいれるように

    有料レポートの参考文献がきっかけで、
    甲田光雄さんの西式甲田療法に興味を持ち、
    西式甲田療法を少しずつ生活に取り入れていくようになりました



    ■ヨガをはじめた
    2008年5月、週一回のヨガを始めました


    ■初夏の下痢から解放
    2008年夏、下痢の症状がありませんでした。
    ここ数年、夏のはじめには、下痢に苦しんでいたのですが、
    2008年からはその苦しみから解放されました。


    2008年からは、秋の花粉症の症状は全く出なくなりました。



    続きはこちら → 花粉症対策の実践・2009~2011年
    関連記事
    この記事の拍手コメントを見る



    スポンサードリンク


    -->


    …………………………………………………………………………
    ブログランキングに参加しています
    応援クリックをお願いします!
         ↓       ↓       ↓
    にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    …………………………………………………………………………
    Twitterでブログの更新情報、日々の食事などをつぶやいています。
    FOLLOW ME → 

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    Copyright © 花粉症の薬はもういらない  子育て主婦の花粉症対策実践記 All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。